第27回「認知症予防・月が丘教室」開催

  • (1)準備体操首回し他の準備体操をした後、 ストレッチをして、身体を温める。
  •    ①足うら伸ばし ②足の表伸ばし ③アキレス腱伸ばし ④お尻のばし ⑤ばんざい

      ⑥おいのり ⑦ツイスト ⑧けりあげ ⑨膝の曲げ ⑩横あげ

  • (2)この教室は、8月はお休みになるため、ご自宅でできる「ひとりコグニサイズ」の資料を用意した。資料をもとにCDを見ながら、皆んなで練習をした。
    •  は、ストレッチの仕方をまとめたモノ
    •  手と足バンザイ以下は、ひとりコグニサイズ。 
    •  ひとりコグニ・ステップも、やって見ましょう。初めは、3の倍数で手をたたきます。30まで。

   続いて3の倍数で、手→ 肩に手をのせる →頭に手を乗せる この繰り返しを30まで1セット

              ●ここで、水分補給のため、休憩をした。

   (3)今日は、初めにラダー4と5をマスターし、ラダー6と7を学んだ。 

         1回目は ① 行きは、ラダー4 で、戻りは ラダー5 で前に進む。 

         2回目は ① 行きは、ラダー4 で、戻りは ラダー6 で前に進む。 

         今日は、ラダー6とラダー7を重点的に学んだ。

         3回目は ① 行きは、ラダー7で、戻りもラダー7 そして ②つぎ足 と続き

         4回目は ① 行きは、ラダー6で、戻りはラダー7 そして ②つぎ足と繰り返し。

          最後に、整理体操 をして終わる。 

 第7回「コグニサイズ向中野教室」開催報告

  • 先ず、受付時に体温測定と手指の消毒をし、教室の換気に気を配った。
  • 正常時の心拍数を計ってから、身体を温める準備体操とストレッチを行なった。

(3)今度は、5人1組で輪になってコグニ・ステップを行なった。

  •  初めには引き算から。時計回りで、60から、3ずつ引いていきます。 60→57→54→51 とゼロ
  • つぎに、同じく時計回りで、70から、7ずつ引いていきます。 70→63→56→49……ゼロ 
  • 次に60から、1ずつ引いていきます。 声を出して60→59→58→57→56→55→54→53  

3の倍数に当たった人は、声を出して、手も同時にたたきます。57の人、54の人です。

  •  さらに、今度は、逆回りで3の倍数に当たった人は、声を出さないで、手だけをたたきます。

外の温度が上がり、コグニ・ステップを連続すると参加者全員汗をかいて、ご自分の心拍数

をチェックしたうえで、水分補給のため休憩をした。

(4)今日のラダー・ステップは、初めにラダー4と5を復習し、新たにラダー6と7に挑戦した。

1回目は ① 行きは、ラダー4 で、戻りは ラダー5 で前に進む。 

〇ゆっくりと正確に、ラダーの後 ②つぎ足 と続いた。 

2回目は ① 行きは、ラダー4 で、戻りは ラダー6 で前に進む。 

〇まずは、ゆっくりと正確に ②つぎ足 と続いた。

3回目は、初めてラダー7に挑戦するので ① 行きは、ラダー7で、戻りもラダー7 

そして ②つぎ足。本日はラダー・ステップの4タイプを次々に行ったが、参加者の  

皆さんは呑み込みが良く、正確にステップしている人が多かった。 

(5)最後に、整理体操 をして終わりにしました。

 第26回「認知症予防・月が丘教室」開催報告

 実施日:令和3年6月25日(金)午前10時~11時20分

新型コロナウイルスの感染者が、地元町内に出た関係もあって、外出に慎重な方も見受けられる。

すでに、ワクチンを2回目接種した方もいらっしゃるので、7月末時点では少し落ち着くのでは

ないのか。

 

  • まず、準備体操をして体を温めた。
    • 首回し ②肩の上下 ③肩回し ④腰回し ⑤ひざ回し ⑥足首回し ⑦ひざの曲げ伸ばし

(2)さらにDVDを見ながらストレッチをして、身体を温める。

  • 足うら伸ばし ②足の表伸ばし ③アキレス腱伸ばし ④お尻のばし
  • ばんざい ⑥おいのり⑦ツイスト ⑧けりあげ ⑨膝の曲げ ⑩横あげ

(3)今度は、輪になってコグニ・ステップをした。

●まず、安静時の脈拍数をチェックする。

 今日は、輪になって行うコグニ・ステップを、できるだけ基本通りに行なうことを心がけた。

  •  初めには引き算から。時計回りで、60から、3ずつ引いていく。 60→57→54→51 とゼロまで。
  • つぎに、同じく時計回りで、40から、4ずつ引いていく。 40→36→32→28… 

とゼロまで

  • 次に60から、1ずつ引いていきます。 声を出して60→59→58→57→56→55→

54→53…。 3の倍数に当たった人は、声を出して、手も同時にたたく。

  •  さらに、今度は、逆回りで3の倍数に当たった人は、声を出さないで、手だけをたたく。

●終わった時点で、心拍数をチェックした。●水分補給のため、休憩をする。

(4)今日は、初めにラダー4と5をマスターし、つぎ足、モンキーとサーキットをする。さらに、

   ラダー6に初挑戦した。 

1回目は ① 行きは、ラダー4 で、戻りは ラダー5 で前に進んだ。 サーキット

2回目は ① 行きは、ラダー6 で、戻りも ラダー6 で前に進む。 サーキット 

3回目は ① 行きは、ラダー4で、戻りはラダー6 そして ②サーキット と続づける。

(5)自宅でのコグニ・ステップを復習した。 3の倍数の時、手をたたくのと、手、肩、頭の3つと。

(6)最後に、整理体操をして終了した。

 

   

  第6回「コグニサイズ向中野教室」の開催報告

 実施日:令和3年6月23日(水)午前10時~11時20分

少し雨模様の天気でしたが、皆さま嬉々として集われました。まず体温をチェックして手指の消毒をして会場に入りました。

  

 (1)「準備体操」と「ストレッチ」

  • 首回し ②肩の上下 ③肩回し ④腰回し ⑤ひざ回し ⑥足首回し ⑦ひざの曲げ伸ばし

つぎはストレッチをして、身体を温めます。

  • 首曲げ ②手を伸ばして方のストレッチ ③肩を上にあげて ④広背筋のストレッチ
  • 胸とおなかのストレッチ ⑥太ももの後ろ側ストレッチ ⑦太ももの内側をストレッチ

⑧ふくらはぎのストレッチ

(2)5人1組のグループで輪になって、コグニ・ステップを行いました。 

先ずは、その場で、手を大きく振りながら、基本ステップをし

見ていると、数を言うのに気を取られて手足の動きが無い人も見受けられたので、 声を出して数を言いながら、手足も同時に動かしましょうとアドバイスをしました。

  • 今度は、逆回りで、60から、4ずつ、引いていきます。60→56→52→48……0まで。
  •  次は、同じように数を引いていきますが、今度は、時計回りで順番に60→59→58→57→56と数を引いていき、3の倍数に当たった人、57 54 51にあった人は、数を言うだけでなく、手も同時にたたく~という動作を加えました。

●ここで、5分間の休憩をして、水分を補給しました。

(3)後半は、コグニサイズのラダー・ステップを行ないました。

今日はラダー4とラダー5をマスターすることに重点をおきました。そして、 新たにラダー6に挑戦してみました。

        枠の中に、足を踏み入れて順序良く前に進みます。

1回目は ① 行きは、ラダー4で、② 戻りも ラダー4で進み、つぎ足をしました。 

2回目は ③ 行きは、ラダー5で、④ 戻りも、ラダー5でステップしてきて

 

このラダー・ステップから、つぎ足に移りました。

3回目は、新しいステップ ラダー6に挑戦しました。

     ④ 行きは、ラダー6で、⑥戻りも、ラダー6、つぎ足と進みました。

4回目は ⑦ 行きは、ラダー4で、⑧ 戻りは、ラダー6、そしてつぎ足と進みましたが、

参加の皆さまは、ラダー4とラダー5で要領を会得したのか、ラダー6を楽々ステップ

している方が多いように思いました。

(4)終わりに、深呼吸をくりかえして、終わりました。

   

 

   本宮総区福祉推進会主催 令和3年度「第2回ゆいっこ講座」

 実施日:令和3年6月18日(金)午前10時~11時20分

 「認知症予防のためのコグニサイズ」の実践セミナーを行いました。       

 本宮地区福祉推進会の長岡会長様より、令和3年度事業「ゆいっこ講座」の第2回目の 講座に、一般社団法人 清流会が推進している「コグニサイズ」を企画したいが、ご協力を、お願いしたいーとの申し出があり弊会としては快くお受けしました。         

 6月18日(金)当日は、本宮地区活動センター体育館に100名をこえる参加者が参集し認知症予防に強い関心を持っていることが伺えました。  

 始めに、本宮地区福祉推進会の菊地陽子副会長様よりご挨拶があり、コロナ禍のなか、 体調を維持するためにも体をしっかり動かすことが大切だとのご指摘と、高齢者への  コ ロナワクチン接種が始まっているので、予約の手続きを早めにやりましょうとの呼びかけがありました。     

 続いて、当会のコグニサイズ事業推進責任者の高橋常務理事から「認知症予防のための運動プログラム」を実施する目的は、平均寿命まで健康寿命を延ばすことにあり、そのために頭を使いながら運動するというこのコグニサイズが最も有効であり、今日は短い時間のなかで楽しみながら体感して下さいと会場の皆さんに呼びかけました。 

1.プログラムの最初は、国立長寿医療研究センターの島田部長の認知症に関する講演をDVDで視聴しました。             

2.参加者の皆さんに、ご自身の安静時の心拍数を計ってもらいました。       

3.その後、先ず体を温めるために準備体操とストレッチを弊会の中村理事の指導で行い 十分に体を整えたところで、5人一組でグル ープを作ってもらった。       

                            ◎ステップをしながらのコグニサイズ

 4.皆さんには、コグニ・ステップの基本ステップをその場で1,2,3…と声を出し、手足を動かしながらリズムを覚えていただきました。        

「初めは、慣れるために、時計回りで手をふり、基本ステップをしながら、順番に1から 30まで数をかぞえましょう。」

「今度は、時計まわりで引き算をします。ただし、60から3ずつ引いていきます。60→57→54→51→48……引き算をすることに頭を使っていると、手足が動かなくなりますよ。」           

 会場のグループの輪は、この引き算あたりから笑い声が聞こえてきたり、上手くいか ないで動きが止まるなど、簡単なようでシッカリできない難しさを感じたようです。             

次には同じ課題を逆回りでやってみました。   

●コグニ・ステップを終わった段階で、もう一度心拍数を計ってもらい、資料に示した「運動の強度」の設定について若干説明をし、水分補給のために休憩しました。   

                            ◎ステップをしながらのコグニサイズ

 この会場では、通常のラダー用具と2色マットの両方を使います。会場には、ラダー用具が4列に並んでいるので、4つのグループに分かれて、ラダーステップをしました。             

「ラダーの基本動作をします。それでは、初めは、ゆっくりと1,2,3,4と進みましょう。次に、1,2歩目は内側に、3,4歩目は外側に出します。これが『ラダー2』です。1~8までの動作を繰り返して、前に進みます。」

 「3番目の動作は、少し難しいですが、2歩目と5歩目だけを外側に出していきます。 この動作は『ラダー4』の動きになります。」           

  会場は、初体験をするラダー(はしご状のもの)に、慎重に一歩一歩進む人、リズム良く前に進む人、さまざまな動きが混在し、『ラダー4』になると2歩目が外側に出せないで 考え込む人や、1回目の8歩はうまく出来たが、2回目以降になると間違う人が続出しました。

 最後のラダーステップに苦戦を強いられる参加者もが多くいらっしゃっいましたが、笑い声のあふれる楽しい本日の講座は終了しました。参加者の多くの皆さんが、健康と認知症予防に取り組み楽しく生活の質の高い老後の生活を送って頂くよう願い会場を後にしました。   

 

第5回「「認知症予防・向中野教室」開催報告

 令和3年6月9日(水) 

        

<初めに> 参加者全員の体温をチェック、手指の消毒コロナ対策。

  • 「準備体操」からスタートして、身体を温める。
    • 首回し ②肩の上下 ③肩回し ④腰回し ⑤ひざ回し ⑥足首回し ⑦ひざの曲げ伸ばし

つぎは、ストレッチをして、身体を温めます。

  • 首曲げ ②手を伸ばして方のストレッチ ③肩を上にあげて ④広背筋のストレッチ
  • 胸とおなかのストレッチ ⑥太ももの後ろ側ストレッチ ⑦太ももの内側を
  •  ふくらはぎのストレッチ

1,2,3…とステップしながら、3の倍数のとき、手をたたく。1,2,3…と連続して30まで繰り返す~これを自宅で3セットほど続けると、かなりの有酸素運動になります。

つぎに、1回目の3の時は手をたたき、2回目のときは、肩に手をおき、3回目のときは、頭のうえを手で押さえる~というようなバリエーションも試してみましょう。

  • 今度は、5人1組のグループで輪になって、コグニ・ステップを行いました。 

まずは、コグニ・ステップのはじめと終わりの心拍数をチェックします。

自分の安静時の脈拍数を覚えていてもらう。

先ずは、その場で、手を大きく振りながら、基本ステップをします。

数を引いていき、3の倍数に当たった人は、数を言うだけでなく、手も同時にたたきます。

繰り返しますが、3の倍数に当たった人だけが手をたたきます。 ハイ!初め!

ここまで、終わったら、ご自分の心拍数を図ります。30秒で計りますから

2倍してください。

●ここで、5分間の休憩をして、水分を補給します。

  • 後半は、コグニサイズのラダー・ステップを行ないますし、新たに直線上をバランスを保ちながら「つぎ足」で前進していく動作をした。

        枠の中に、足を踏み入れて順序良く前に進みます。

1回目は ① 行きは、ラダー2で、② 戻りは ラダー4 で前に進みます。

終わりましたら「つぎ足」で前進します。

2回目は ③ 行きは、ラダー3で、④ 戻りは、ラダー5でステップしてきてください。

このラダー・ステップから、つぎ足に移ります。

やはり、ラダー4とラダー5は、戸惑いが多くて、呑み込めない方が見受けられた。

以上で、本日のスケジュールは終了しました。

(5)終わりに、深呼吸をくりかえして、終わります。

(6)6月の次回のコグニサイズは、6月23日(水)になります。

 

第4回「「認知症予防・向中野教室」開催報告

 令和3年5月26日(水) 

        

<初めに> 参加者全員の体温をチェック、手指の消毒、出席者の名前シールをつける。

  • 「準備体操」と「ストレッチ」
    • 首回し ②肩の上下 ③肩回し ④腰回し ⑤ひざ回し ⑥足首回し ⑦ひざの曲げ伸ばし

つぎは、ストレッチをして、身体を温めます。

  • 首曲げ ②手を伸ばして肩のストレッチ ③肩を上にあげて ④広背筋のストレッチ
  •  胸とおなかのストレッチ ⑥ ふともものストレッチ ⑦  ふくらはぎのストレッチ

(2)  ラダー・ステップからスタートします。特に、ラダー4とラダー5をマスターしてください。

前の人が、すべて終わってから、自分はスタートして下さい。

        枠の中に、足を踏み入れて順序良く前に進みます。

1回目は ① 行は、ラダー2 で、② 戻りは ラダー4 で前に進みます。 

〇まずは、ゆっくりと正確に 〇つぎに、少し早めにステップします。

2回目は ③ 行は、ラダー3で、④ 戻りは、ラダー5でステップしてきてください。

3回目は ③ 行は、ラダー4で、④ 戻りは、ラダー5、つぎ足と進みます。

       3回繰り返しましたが、頭の切り替えに身体がついていけるかを実感きるプロ

     グラムです。 何度も挑戦してましょう。

●ここで、5分間の休憩をして、水分を補給します。

(3)コグニ・ステップを、前回と同じく5人1組のグループで行います。

 いままで組んだことが無い者同士で 1グループを作りたいと思いますので、ご協力ください。

まずは脈拍をチェックしましょう。はじめと終わりの心拍数をチェックします。

自分の安静時の脈拍数を覚えていて下さい。

その場で、手を大きく振りながら、基本ステップをします。右足を前に出して、数を言う。

次に左足を前に持って行って揃える。続いて右足を元に戻し、さらに左足を戻す。

声を出して、数を言いながら、手足も同時に動かします。 時計回りでいきます。

  •  終わったら、次に、同じ動作ですが、逆回りで、60→57→54→51……と、3ずつ引いてゼロまでいきます。

ここまで、終わったら、ご自分の心拍数を図ります。30秒で計りますから

2倍してください。動作をする前の自分の心拍数と、動いた後の心拍数を

比べて見て下さい。10以上の開きがある人は良く身体をうごかした方です

(4)  深呼吸をくりかえして、終わります。

6月のコグニサイズ教室は、9日(水)と23日(水)になります。

 

第2回「コグニサイズ向中野教室」開催報告

 令和3年4月28日(水) 

        

< コロナ対策 > 参加者全員の体温をチェック、手指の消毒、出席者の名前シールをつける。

  • 準備体操―前回お渡ししていた「準備体操」の復習をする。
    • 首回し ②肩の上下 ③肩回し ④腰回し ⑤ひざ回し ⑥足首回し ⑦ひざの曲げ伸ばし

(2)ストレッチをして、身体を温める。

  • 首曲げ ②手を伸ばして方のストレッチ ③肩を上にあげて ④広背筋のストレッチ
  • 胸とおなかのストレッチ ⑥太ももの後ろ側ストレッチ ⑦太ももの内側を

⑧ ふくらはぎのストレッチ

(3)今日は、大きく2つのグループ(基本5人1組)に分かれてコグニサイズをします。

まずは脈拍をチェックしましょう。コグニ・ステップをする時、運動強度を把握するために  

はじめと終わりの心拍数をチェックします。参加者ひとり一人自分でチェック。

1)手首のところへ3本の指をあてて脈を図ります。安静時の自分の脈拍数をチェック

2)運動強度50%のところをみると、心拍数70台の人は、65歳であれば、116。

70歳であれば、114。75歳であれば目標の心拍数は112となります。

3)体を動かした方が良いといっても、心拍数が上がりすぎる運動強度では体調を壊します。

運動強度50%から始まって最終的には70%を目指そうーということです。

(4)その場で、手を大きく振りながら、基本ステップをします。

前半は、5人1組の3グループで取り組んだ。

足を前に出して、数を言う。次に左足を前に持って行って揃える。続いて右足を元に戻し、

さらに左足を戻す。これが基本ステップ。

出して、数えていきます。

声を出して、数を言いながら、手足も同時に動かします。

  •  同じように、数を引いていきますが、今回は、時計回りで順番に60→59→58→57→56と

数を引いていき、3の倍数に当たった人は、数を言うだけでなく、手も同時にたたきます。

  • 次に、同じことをしますが今度は逆回りです。少し早めにステップし、3の倍数に当たったら、声を出さずに、手だけたたきます。

以上、終わったところで、ご自分の心拍数をチェックします。

今回初めて、動きの前後で自分の心拍数の変化を感じ取った。

次の後半の2つグループに変わって、同じようにコグニ・ステップをして心拍数を

チェックした。

●ここで5分間の休憩をして、水分を補給した。

(4) 次に、コグニサイズの、ラダー・ステップをする。

最初の3グループの方が前に出て、2列のラダーを、行と戻りを別々のステップをする。

前の人が、半分まで行ったら、次の人がスタートする。

        枠の中に、足を踏み入れて順序良く前に進みます。

          〇まずは、ゆっくりと正確に 1マスの中に4歩、足を入れます。

1回目は ① 行は、ラダー1 で、② 戻りは ラダー2 で前に進みます。 

〇まずは、ゆっくりと正確に 〇つぎに、少し早めにステップします。

2回目は ③ 行は、ラダー3で、④ 戻りはラダー4でステップしてきてください。

次に、別の2つグループが同じように、1回目、2回目とラダー・ステップをした。

(5)本日は、2種類のコグニサイズを体験してみたが、コグニ・ステップでは、手足の動きを意識すると

   数が出てこなかったり、数にこだわると手足の動きが止まるなど、ほとんどの参加者が、頭と身体

を同時に動かすことが如何に難しいかを実感した教室であった。

 

第24回認知症予防・教室<青山活動センター>

 令和3年4月23日(金) 

        

<初めに> 参加者全員の体温測定をチェックし、手指を消毒してから入場してもらう。

①首回し ②肩の上下 ③肩回し ④腰回し ⑤ひざ回し ⑥足首回し ⑦ひざの曲げ伸ばし

(2)ストレッチ

  • 足うら伸ばし ②足の表伸ばし ③アキレス腱伸ばし ④お尻のばし ⑤ばんざい

⑥ おいのり ⑦ツイスト ⑧けりあげ ⑨膝の曲げ ⑩横上げ 

(3)参加者6名が丸く輪になり、ステップ台を使わずに、基本ステップで手をふりながら、数を数える。

次に時計回りで、4ずつ引いた数を、声をだしながら言い、基本ステップする。

    つぎは、逆回りで同じ動作をし、同じように7ずづ数を引いていく。

    ◎始める前の脈拍数と、終わった後の脈拍数を比較して、自分の脈拍がどう変化するかを

チェックした。

●ここで、5分間の休憩をして、水分を補給した。

現在、コロナウイルスの変異株が全国的に流行しているため、外出を自粛しなければならない事態と

なっている。自宅にて、できるだけ身体を動かすことを心がけるため、準備体操やストレッチ体操の資料

を参加者の皆様に手渡した。

(4) 最後に、ラダー2か所とすり足用の直線、モンキーウオークをする~サーキットを行なった。

         1回目は 行きは ラダー1を 戻りは ラダー2を行なって、サーキットをする。 

2回目は 行きはラダー3を戻りはラダー4をし、サーキットをする。

3回目は 行きはラダー4を戻りはラダー6をし、サーキットをする。

次回開催は5月21日㈮です。

 

第1回「認知症予防・向中野教室」開催!

 令和3年4月14日(水) 参加人数32名+4スタッフ

         (高橋、吉田、永島、中村)

コグニサイズ向中野教室が、令和3年4月14日新たに開講しました。

まさと脳神経内科クリニックの金院長様のご好意により、スポーツジム・ワールドウイング(中野5丁目18番35号) 2階スタジオで、認知症予防のための運動プログラム=コグニサイズ教室の第1回目が開催されました。

向中野、本宮周辺から30名をこす参加者が集い、コグニサイズを初体験しました。この模様は、IBCラジオ684で生中継され、教室の賑やかな運動風景を伝えることができました。

まずは、DVDで国立長寿医療研究センター「コグニサイズ」担当の島田部長の特別講義を聴き、コグニサイズの意義や効果を学びました。その後、初めに準備体操・ストレッチを行ない体を温め運動する体に慣らし整えました。

 そして、いよいよ、コグニサイズの「ステップしながら引き算をする」という課題を実践しました

 参加者は腕をふりながら、足踏みをして、同時に数を数えるー頭を使いながら体も動かすというコグニサイズ独自の動作に、みなさん途惑い、手足の動作がばらばらになったりする人が続出。簡単な動作であっても、体の動作に神経を向けると数をかぞえることを忘れたり…と普段の生活では味わえない感覚に、苦笑いしたりしていました。

ご自分の認知機能がやや衰えてきたなあと思っていた参加者は、このコグニサイズを体験した後、「こういう運動プログラムはこれまでしたことが無いし、すごく刺激になってやりがいがありそうだと実感しました」と感想を語っていました。

このコグニサイズ・ステップの後、水分補給するために休憩。

 主催者側としては、コロナ対策に万全を期すため、参加者の検温、手指の消毒、室内の換気には気をつけ、息苦しくはなるものの参加された方々にはマスクを着けていただいてのプログラムとなりました。

休憩後の後半は、ラダーを用いたステップを初体験。>

基本ステップを学んだ後に3つのタイプのラダーステップを実践しました。これも簡単なステップにもかかわらず、3段階目のステップになると、殆どの方が足の運びが思いどおりにいかず、間違い続きで笑い合い楽しいひと時となりました

 今回は第1回目ということもあり、2つのタイプのコグニ・ステップを体験してもらいました。 

参加した方々は「コグニサイズって、どんなことをするんだろう」と興味津々で来られたようですが、終了後の感想は「おもしろそうな運動プログラムだなあ、次回も来てみよう」と多くの方に感じて頂きました。次回は4月28日(水)の予定です。

初日ということもあり、盛り沢山、足早ではありましたが、ステップとラダーの練習でコグニサイズの雰囲気、楽しさがお分かり頂けたように思います。次回からは、じっくりとより楽しく進めて参ります。

 

第22回コグニサイズ認知症予防教室を開催

 令和3年2月26日㈮ 参加人数  7名+2スタッフ

         (高橋、永島)

参加者全員の体温測定をチェックし、手を消毒してから入場してもらう。

(1)コグニサイズを始める前に、頭のトレーニング「漢字穴埋めクイズ」をした。

三文字熟語、四文字熟語、五文字熟語を考える問題にチャレンジ。8割は正解でした。

(2)次は、右手と左手を同時に使う~ことにチャレンジ。グー、チョキ、パーを左右別々に動かす。

(3)ストレッチをして、身体を温めた。

①足うら伸ばし ②足の表伸ばし ③アキレス腱伸ばし ④お尻のばし

          ⑤ばんざい ⑥おいのり⑦ツイスト ⑧けりあげ ⑨膝の曲げ ⑩横あげ 

(4)今日は、 自宅でストレッチの他に「筋肉トレーニング」するための、5つの運動を紹介した。

①転倒防止のための、太ももの筋肉を鍛える

②腰痛予防のための、横のひねり体操など……

      ●ここで、5分間の休憩をして、水分を補給します。

 (5)ステップ台を用意し、数を数えながら、4の倍数に当たった人は、声をだしながら手をたたく。

  つぎは、逆回りで同じ動作をする。これを3回すると、汗が出てくる。

(6) 最後には、フロアーに階段のはしごみたいなもの(ラダーと言います)を使って動きました。

         1回目は  ラダー2 と ラダー4 でステップを学んだ。 

〇まずは、ゆっくりと正確に足を動かす  〇つぎに、少し早めにステップする

2回目は ①ラダー2とラダー5 を少し早めにステップし→ ② つぎ足→ をした。

●まだ、コロナ禍の影響があるので、参加者数は少ないが、自宅でできるコグニサイズを試行し、

     日常の運動不足を解消し、頭をともかく働かすことを意識して、健康を維持して欲しい。

 

第21回コグニサイズ認知症予防教室を開催

 令和3年1月22日㈮ 参加人数  6名+3スタッフ

         (高橋、永島、中村)

参加者全員の体温測定をチェックし、手を消毒してから入場してもらう。

(1)コグニサイズを始める前に、頭の体操「記憶力試し」をした。

お手もとの用紙に書かれているイラストを1分間見て、その絵を覚えてください。1分経過後に、

用紙を裏返して、何の絵があったかを書き出してください。 結果は8個中すべて書いた方

が86%であった。

(2)次は、記憶力や想像力を高める問題をした。くるくる漢字、漢字算、順位決定戦、スタンプ漢字の

  問題に取り組んだが、設問自体が良く分からない~という方が多かった。

(3)ストレッチをして、身体を温めた。

①足うら伸ばし ②足の表伸ばし ③アキレス腱伸ばし ④お尻のばし

          ⑤ばんざい ⑥おいのり⑦ツイスト ⑧けりあげ ⑨膝の曲げ ⑩横あげ 

(4)今日は、 イスに座って「手足の同側動作」と「コグニサイズステップ」に挑戦した。

  •  資料①を見ながら、手足を動かしましょう。
  •  今度は、資料②を見ながら、コグニステップをします。

      この動作は、自宅でも簡単にできるので、家族の人たちといっしょにするのも楽しい動きです。

 ●ここで、5分間の休憩をして、水分を補給します。

 (5)NHKのテレビ体操のビデオを見ながら、足の筋力をアップする運動をした。

(6) 今日は、フロアーに階段のはしごみたいなもの(ラダーと言います)を使って、動きます。

       前の人が、すべて終わってから、自分はスタートして下さい。

         1回目は  ラダー3 と ラダー4 でステップを学んだ。 

〇まずは、ゆっくりと正確に足を動かす

                 〇つぎに、少し早めに、ステップする

2回目は ①ラダー2とラダー4 を少し早めにステップし→ ② つぎ足→

 モンキーウオーク サーキットをした。  

次回は、2月26日の午前10時からを予定しています。

 

第20回コグニサイズ認知症予防教室を開催

 12月11日㈮ 参加人数  7名+2スタッフ

         (高橋、永島)

参加者全員の体温測定をチェック

本日の第20回―認知症予防教室は、町内にある三愛病院で新型コロナウイルスのクラスターが発生、

感染者数12名との報道があったため、外出を控える気持ちがあってか、参加者は少なかった。

(1)コグニサイズを始める前に、計算ドリルと漢字あてクイズをしました。

それぞれ3分以内に計算問題すべてができるかどうか、漢字当てはめクイズ6問を回答できるか?

自宅に居る時間、様々な課題に挑戦し、脳を活性化しておくことも「健康長寿」に大切です。

(2)これから基本のストレッチをしますが、やはりこの「新型コロナウイルス」下にあって、ご自宅で一人

で「ストレッチ」と「筋肉トレーニング」を行なう時間を見つけることも大事になります。

そのための資料を用意しましたので、一日のうち、10分程度、意識して身体を動かしましょう!

(3)ストレッチをして、身体を温める。

①足うら伸ばし ②足の表伸ばし ③アキレス腱伸ばし ④お尻のばし

          ⑤ばんざい ⑥おいのり⑦ツイスト ⑧けりあげ ⑨膝の曲げ ⑩横あげ 

(4)今日は、 ステップ台を使用しないで、イスに座って丸くなり、全員、腕をふって、足踏みをする。

  •  数字30から順繰りに、29、28… と声をだして 0まで数える。
  •  第1回目は、30から29、28…と、声を出して、数字を減らしていきますが、3の倍数に

当たったひとは、声を出さないで、手だけたたいて下さい。

  •  第2回目は、逆回りで、さあ、頭をきりかえて、60 から59、58…と、4の倍数に当たった

ひとは、声を出さないで、手だけをたたいて下さい。。

●まず、脈拍をチェックしてから、ここで、5分間の休憩をして、水分を補給します。

(5) 今日は、フロアーに階段のはしごみたいなもの(ラダーと言います)を使って、動きます。

       前の人が、すべて終わってから、自分はスタートして下さい。

        1回目は、枠の中に、足を踏み入れて順序良く前に進みます。

 2回目は ① ラダー3 と ラダー4 でステップを学びます。 

3回目は ① ラダー2とラダー4 → ② つぎ足→ ③ モンキーウオーク とサーキット

以上で、本日の日程を終わります。 身近なところで感染が広がっています。12月は今日で終了し、

次回は、1月22日の午前10時からを一応予定します。

 

 

第19回コグニサイズ認知症予防教室を開催

 11月13日㈮ 参加人数  8名+2スタッフ

         (高橋、永島)

・盛岡市でもコロナのクラスターが発生するなど、油断してはならない状況。

参加者の体温を測定。皆さん35~36度台の平熱。手の消毒をする。

・初めに「国立長寿医療研究センター」の島田部長の特別講義を拝聴する。

  〇コグニサイズはどんな運動? 〇コグニサイズでどんな効果が?

・皆さんの平常時の脈拍数をチェックし、運動強度の脈拍数を把握する。

・ストレッチ運動 10タイプを映像で確認しながら、身体を動かす。

・今回はステップ台を使って足踏みをし、手をふりながら有酸素運動をする。

ステップ台に上ったところで、声を出し数字を言う~このリズムを徹底

  •  3の倍数で声も出し手もたたく
  • つぎに逆回りで、引き算を続けながら、60→59 と引き算し

3の倍数の人は手だけをたたく。

  • 今度は順回りで、引き算を続けながら、50→49 と引き算し

4の倍数の人は手だけをたたく。

運動後の脈拍数をチェックし比較。 ここで水分補給をして休憩。

    

運動後の脈拍数をチェックし比較。 ここで水分補給をして休憩。

 ・椅子に座ったままで輪になり、しりとりをする。動物の名前と花の名前

          ・ラダーを使ったサーキットトレーニングを行う。

 

  • 6 →つぎ足 → モンキーウオーク

         ・次回からの課題は、「スピードアップと正確さ」に挑戦してみること。

 

第18回コグニサイズ認知症予防教室を開催

10月23日㈮ 参加人数  11名+4スタッフ
      (高橋、吉田、永島、中村)

・参加者の体温を測定。皆さん35~36度台の平熱
・初めに「国立長寿医療研究センター」の島田部長の特別講義を拝聴する。

・皆さんの脈拍数をチェック
・ストレッチ運動 10タイプを映像で確認しながら、身体を動かす。

・今回はステップ台を使うグループと使わないグループに分かれて、
足踏みをし、手をふりながら有酸素運動をする。
① 引き算を30から29→28→0
② 引き算を60から59→58 3の倍数で声も出し手もたたく
③ つぎに逆回りで、引き算を続けながら、60→59 と引き算し
3の倍数の人は手だけをたたく。
④ 今度は順回りで、引き算を続けながら、60→59 と引き算し
4の倍数の人は手だけをたたく。

運動後の脈拍数をチェックし比較。 ここで水分補給をして休憩。

         ・今回は初めての参加者2名がいるので、サーキットトレーニングを
① 第1回目はラダー1 → ラダー2 →つぎ足 → モンキーウオーク
② 第2回目はラダー2 → ラダー4 →つぎ足 → モンキーウオーク

       初めての参加の方がいましたので、ステップ台を使う有酸素運動のところで
       時間をかけ、「しりとりゲーム」ができませんでした。
        ただ、『コグニサイズ』の内容を理解していただけたことは、良かったと
       思います。

 

第17回コグニサイズ認知症予防教室を開催

10月9日㈮ 参加人数  8名+4スタッフ
      (高橋、吉田、永島、宮古)

・初めに、参加者の体温を測定。皆さん35~36度台の平熱
・皆さんの脈拍数をチェック
・ストレッチ運動 10タイプを映像で確認しながら、身体を動かす。

・今回はステップ台を使かわないで、5人づつ2グループに分かれて
その場で足踏みをし、手をふりながら有酸素運動をする。

① 引き算を30から29→28→0
② 引き算を60から59→58 3の倍数で声も出し手もたたく
③ つぎに逆回りで、引き算を続けるで、60→59 と引き算し
3の倍数の人は手だけをたたく。

運動後の脈拍数をチェックし比較。 ここで水分補給をして休憩。

         ・全員輪になって、イスに座ったまま、手をふり足踏みをしながら、
しりとりを行なう。
① 初めは、昆虫や動物の名前で、手をふり足踏みをしながら、時計まわりのしりとりをし、
② つぎに逆回りで、なんでも有りでしりとりを2順する。

・今回は2階の生活相談室が会場なので、床の枠組みを利用しながら
① ラダー3→ ラダー4 
② ラダー5→ ラダー6 を行なう。

・最後に、右手と左手を同時に使って、図形を書く動作コグニサイズに
初めて挑戦してみた。

 

第16回コグニサイズ認知症予防教室を開催

9月25日㈮ 参加人数   7名+3スタッフ(高橋、栃内、小笠原)

・初めに、参加者の体温を測定。皆さん36度台の平熱
     皆さんの脈拍数をチェック
・ストレッチ運動 10タイプを映像で確認しながら、身体を動かす
・今回はステップ台を使かわないで、7人で、その場で足踏みをし、手を
ふりながら有酸素運動をする。

① 引き算を30から29→28→0
② 引き算を60から59→58 3の倍数で声も出し手もたたく
③ つぎに逆回りで、引き算を続けるで、60→59 と引き算し
3の倍数の人は手だけをたたく。
④ 今度は、引き算を60から59→58 3の倍数の人は、声を
出さずに手だけたたく

運動前、運動後の脈拍数をチェックし比較。 ここで水分補給をして休憩。

・全員輪になって、イスに座ったまま、手をふり足踏みをしながら、
しりとりを行なう。
① 初めは、動物の名前で、手をふり足踏みをしながら、時計まわり
のしりとりをし、つぎに逆回りで同じく動物の名前でしりとり
② 次に、植物・花の名前で、手をふり足踏みをしながら、時計まわり
のしりとりをし、つぎに逆回りで同じしりとり

・サーキットを行なう・
① ラダー3→ ラダー4 →つぎあし → モンキーウオーク
② ラダー5→ ラダー6 →つぎあし → モンキーウオーク

今回は2種のラダーを組み合わせて、頭と身体の切り替えを学ぶ
・今日のラダーは、同じようなステップだが、足の動きの違うラダー5から
→ ラダー6に初めて挑戦してみた。

・在宅時間が長いので、自宅学習用の一人コグニサイズに挑戦しよう!

 

第15回コグニサイズ認知症予防教室を開催

9月11日㈮ 参加人数   9名+3スタッフ(高橋、栃内、小笠原)

・初めに、参加者の体温を測定。皆さん36度台の平熱

     皆さんの脈拍数をチェック

・ストレッチ運動 10タイプを映像で確認しながら、身体を動かす

・今回はステップ台を使かわないで、2グループに分かれて、その場で

足踏みをしながら有酸素運動

  • 引き算を30から29→28→0
  •  3の倍数で手だけたたく
  • つぎに逆回りで、引き算を続けるで、30→29 と引き算し
  • 4の倍数の人は手だけをたたく。

運動前、運動後の脈拍数をチェックし比較。ここで水分補給をして休憩

・久々に2つのグループに分かれて、しりとりを行なう。

①初めは、動物の名前で、手を振り足踏みしながら、時計回りのしりとりをし、次に逆回り。

②次に、植物・花の名前で、手を振り足踏みしながら、時計回りのしりとりをし、次に逆回り。

ここで水分補給

・サーキットを行なう

①ラダー1→ラダー2→つぎあし→モンキーウオーク

②ラダー2→ラダー5→つぎあし→モンキーウオーク

③今回は2種のラダーを組み合わせて、頭と身体の切り替えを

・最後に、自宅学習用の・「手と足ばんざい」「対角バンザイ」「足踏み体操」を復習して、一人コグニサイズに挑戦!

 

第14回コグニサイズ認知症予防教室を開催

7月31日㈮ 参加人数   9名+3スタッフ(高橋、栃内、小笠原)

               高橋、栃内は9時30分に会場へ入り準備
               小笠原弘子さんは9時50分に、会場に入る。
                  ・片づけを終わり、11時40分に帰る。

・初めに、参加者の体温を測定。皆さん36度台の平熱
 皆さんの脈拍数をチェック
・ストレッチ運動 10タイプを映像で確認しながら、身体を動かす

・今回はステップ台を使かわないで、2つのグループに分かれて、その場で足 踏みをしながら有酸素運動引き算を30から29→28 3の倍数で手だけたたく
つぎに逆回りで、引き算を続ける
さらに、時計回りで、30→29 と引き算し4の倍数の人は手だけたたく

       ここで水分補給をして 休憩

・久々に2つのグループに分かれて、しりとりを行なう。イスに座ったまま、
 手をふり足を動かしながら、時計まわりのしりとり。つぎに逆回り。

・今回は2種のラダーを組み合わせて、頭と身体の切り替えを学ぶ
 ・サーキット ラダー2→ ラダー5 →つぎあし → モンキーウオーク

・最後に、自宅学習用の・「手と足ばんざい」「対角バンザイ」「足踏み体操」
を復習して、8月中は「ひとりコグニサイズ」に挑戦!

      

   

第13回コグニサイズ認知症予防教室を開催

7月10日㈮ 参加人数   10名+3スタッフ(高橋、栃内、中村)

・初めに、参加者の体温を測定。皆さん36度台の平熱
・本日のスケジュールを説明し、脈拍のチェック
・ストレッチ運動 10タイプ
・バランス(つぎあし)とモンキーウオーク の姿勢を映像で確認
・前回の自宅での宿題=「手と足ばんざい」「対角ばんざい」「足踏み体操」を復習

       本日は、IBCラジオ684の取材が入り、伊達アナウンサーの進行で、高橋良立
          樋山さん、大谷さんが取材に応じた。

・コグニサイズ ステップ台を使うグループと、それ以外のグループに分かれて、
足踏み、手を振りながら有酸素運動 
引き算を中心に 3の倍数の時、声を出さずに手をたたく。次に逆回りで、
4の倍数の時、声を出さずに手をたたく

   ・ラダー2 → バランスつぎあし → モンキーウオーク と順次に行なう。
・ラダー5 → バランスつぎあし → モンキーウオーク

第12回コグニサイズ認知症予防教室を開催

6月26日㈮ 参加人数   9名+2スタッフ(高橋、栃内)

・初めに、参加者の体温を測定。皆さん36度台の平熱
・ストレッチ運動 10タイプ
・バランス(つぎあし)とモンキーウオーク の姿勢を映像で確認
・前回の自宅での宿題=「手と足ばんざい」「対角ばんざい」「足踏み体操」を復習
・コグニサイズ 2つのグループに分かれて、その場で足踏みをしながら有酸素運動 
・引き算を中心に 3の倍数の時、声を出さずに手をたたく
・100から、7を順次引いていく。
・ラダー2 → バランスつぎあし → モンキーウオーク と順次に行なう。
・ラダー4 → バランスつぎあし → モンキーウオーク
・最後に、これまでの教室をふり返ってのアンケート

第11回コグニサイズ認知症予防教室を開催

6月12日㈮ 参加人数   10名+2スタッフ(高橋、栃内)

・久々の教室、参加者の体調を確認 脈拍・体温・血圧
・ストレッチ運動 10タイプ
・その場で足踏みをしながら有酸素運動 引き算を中心に
・ラダーを含む サーキットに初挑戦 
・最後に、自宅学習用の「手と足ばんざい」「対角ばんざい」「足踏み体操」

第10回コグニサイズ認知症予防教室を開催

昨年の10月から開催を始めたコグニサイズ認知予防教室。今回で10回を数えることになりました。継続は力なり、 今後もみなさん一緒に認知機能の衰えに活をいれましょう。さて、新型コロナウイルスによる自粛により青山地区活動支援センターも連休明けの5月6日まで休 館と決まりました。きょうは、先週以上に3密を考慮して定例の「ストレッチ」「有酸素運動」「コグニサイズ」メニューを、それぞれ時間短縮して実施しました。

教室の最後には、あらたに自宅コグニサイズメニューを2つご紹介させていただきました。今年の連休は、なにごとにつけ外出自粛を望まれています。自宅 にいて、少しでもリフレッシュできるよう新メニューをお試しください。次回は5月8日(金)を予定していますが、コロナウイルスの影響で中止の場合もござ いますので、よろしくお願いいたします。


第9回コグニサイズ認知症予防教室を開催

第9回「認知予防教室」は4月10日(金)に予定通り実施いたしました。7人の参加です。新型コロナウイルス予防 を考慮し互いの間隔を広めにとって進めました。いつも通りストレッチで念入な身体ほぐしからです。続く有酸素運動は今回踏み台を使わず、その場で足踏みを しながらしりとりのメニューです。前の人の言った言葉を繰り返して、さらには二人前の人の言葉も繰り返してから答える方式です。自分の言葉に気をとられる と、前の人の繰り返す言葉をうっかりわすれてしまいます。皆さんフォローし合いながらにぎやかに進めることができました。

ラダーメニューは8マスを2つ用 意し、手拍子に合わせたスピード意識の課題もおこないました。最後に、自宅でおこなうステップの復習と確認をして教室をお開きとしました。みな様お疲れ様 でした。引続き自宅用ファイルを参考に毎日のコグニサイズライフを心がけましょう。


第8回コグニサイズ認知症予防教室を開催

第8回「認知予防教室」は3月27日(金)11名の参加で実施いたしました。
新型コロナウイルス予防を考慮して教 室の入口と窓は開放しての実施です。
最初に「コグニサイズ実施の10カ条※注意事項」を確認し、つづいてストレッチへと進みました。
前回から4つ増えたメ ニュー1~10までを念入りに行う体ほぐしです。
有酸素運動はいつも通り2グループに分かれて行いました。今回はステップ台を使わず、その場で足踏みをし ながら昇順・降順に数の声出しと拍手をするメニューです。

ラコグニサイズは、室内のタイルカーペットを利用してのラダー。
前回同様のステップパターンの内、 2・4・5を行いました。全員軽快にステップを踏める、とまでは届かなかったもののマスターした方が自発的にサポートされ、終始なごやかに進みました。
1 時間半の教室、今回も皆さんしっかりコグニサイズできたようです。
最後に自宅で簡単に出来る「コグニステップ」を全員で試してみて、本日のプログラムは終 了となりました。お疲れ様でした。
引続き自宅用ファイルを参考に毎日のコグニサイズライフを心がけましょう。


第7回コグニサイズ認知症予防教室を開催

第7回「認知予防教室」を3月13日(金)に青山地区活動支援センターの2階で開催いたしました。
今回は参加14 名と昨年10月に始めて以来一番多くの方にご参加いただきました。
最初のストレッチは、これまで「足うらのばし」からの6メニューでしたが「横あげ」まで の10メニューを行いました。20分ほどかけてしっかりからだをほぐしていただきました。
有酸素運動はステップ台と足踏みのグループに分かれて実施し、途 中入替して行いました。60から1まで昇順・降順に数を声出しながら、3の倍数で手をたたくなど、いつもながら結構な運動量です。

つづいてのコグニサイズ 最初のメニューは、2グループに分かれ、足踏みしながらのしりとり運動です。
声を大きく次の方に「〇〇『り』、です」などと、しかっかり伝わるように心掛 けました。
コグニサイズ2つめはラダーです。タイルカーペットをラダーに見立て、1~5パターンを行いました。
1時間半の教室、今回も皆さんしっかりコグ ニサイズできたようです。
皆様、引続き自宅用ファイルを参考に毎日のコグニサイズライフを心がけましょう。


第6回コグニサイズ認知症予防教室を開催

第6回「認知予防教室」を2月28日(金)に青山地区活動支援センター3階で開催いたしました。
参加者は11名、 月が丘の皆さんの他に青山町の方にも参加いただきました。
初めての3階開催でしたが、広い会場でスクリーン設備も利用しながら分かりやすくメニューを進めることができました。



今回、自宅でも毎日行っていただくようにコグニサイズ自宅メニューファイルを皆さんにお渡しいたしました。
継続は力なり今後ともよろ しくお願いいたします。


第5回コグニサイズ認知症予防教室を開催

第5回「認知予防教室」を2月14日(金)青山地区活動センターにて月が丘一丁目の皆さんと開催致しました。
この日、町内会の他の会合等があり通常より参加者はいつもより少なめの7名でしたが、スタック合わせ10名で和気あいあいと楽しくエクスサイズができました。
最初に血圧計で各自きょうのバイタルチェック。続いて恒例の椅子に座ったままで各部位のストレッチを行い、体と心を整えました。
前回ステップ台を使わな かったメンバーが、ステップ台を使い2グループに分かれ「有酸素運動」「コグニサイズ」を行いました。
60から順次、59、58と声を出して1まで数えな がらステップをする、3の倍数の数が来たら手を叩くなどの、いくつかのコグニサイズを皆さんで楽しく行いました。
後半終盤は、床のマス目を利用し、ラダー の新しい2種類のステップに挑戦しました。最後に、各自自宅でできるコグニサイズをプリントで説明し、次回の予定を確認しこの日は終了しました。



第4回コグニサイズ認知症予防教室を開催

1月28日(月)10時より、第4回コグニサイズ認知症予防運動プログラム教室を開催いたしました。
ストレッチを念入りに行ったあと有酸素運動、コグニサイズと進めました。
まだまだ戸惑いも見受けられますが、今回も皆さん元気に活動していただきました。
今後の課題と しては各自の目標運動強度にそった進め方、また自宅での継続的実施があげられました。
毎日継続することで効果が上がります。皆さま、短時間でもご自宅での ご研鑽をお願いいたします。



第3回コグニサイズ認知症予防教室を開催

12月23日(月)9時30分より、第3回目のコグニサイズ認知症予防運動プログラム教室を開催いたしました。今回11名 の参加により青山地区活動センターで実施しました。
見学を兼ね近隣町内会の責任者も見学を兼ねて参加いただきました。皆さんストレッチから始まる段取りも 慣れてしっかり身体をほぐしながら進めさせていただきました。
いつも通り「有酸素運動」「コグニサイズ」を2グループに分け、皆さん声かけあいながら楽し くメニューをこなしていただきました。
今後の課題としては自宅で気軽に行うコグニサイズの取り組方法が上げられました。
ご参加の皆さまお疲れさまでした。
次回は年明け1月27日(月)です。開始時間が9時30分を変更し10時からとなりますのでよろしくお願いいたします。
詳しくは、同活動センターの張り紙告知をご覧ください。
※各自、ご自宅でのコグニサイズ実施をよろしくお願いいたします。


第2回コグニサイズ認知症予防教室を開催

11月25日(月)9時30分より、第2回コグニサイズ認知症予防運動プログラム教室を開催いたしました。
今回も 会場は盛岡市の青山地区活動センターです。参加者は前回参加いただいた7名の方に新しく3名が加わって10名となりました。
最初に血圧計で各自きょうのバ イタルチェック。つづく「ストレッチ」は、動きをしっかり映像で確認した後で実施しましたので、ほぼ戸惑うことなく、身体をほぐすことが出来ました。
「有酸素運動」「コグニサイズ」は2グループに分かれ、待機時間をなくし、笑いあり、励ましありと皆さん元気に楽しく活動し終えることができました。
ご参加の 皆さまお疲れさまでした。次回は12月23日(月)詳しくは、同活動センターの張り紙告知をご覧ください。
※各自、ご自宅でのコグニサイズ実施をよろしく お願いいたします。


NCGG-FAT認知機能検査を実施

11月11日(月)、第1回コグニサイズ認知症予防教室の参加者を対象とした認知機能検査を行いました。
受検希望者のうち、本日は2名の方に受けていただきました。
前回の検査からだいぶ間が空いてしまいましたが、ていねいな受け答えに注意し受検いただきました。
対象者で、以前公的機関による認知機能検査を受けた経験のある方からは、「詳しい検査だった。信頼が置ける」という感想をいただきました。
受検して、ご自分の 今の認知機能を調べてみたい。という方は、どうぞ、電話・FAX・メールにて当会までご一報ください。
(※受検費用は無料です。結果の報告は「記憶力」 「注意力」「実行力」「処理能力」の4項目で年齢基準に従った、点数と5段階評価で表されます。)


第1回コグニサイズ認知症予防教室を開催

10月28日(月)に満を持して、1回目のコグニサイズ認知症予防運動プログラム教室を開催いたしました。
会場は 盛岡市の青山地区活動センターです。
当日は、当会高橋理事のおひざ元、月が丘1丁目の皆さま8名の参加をいただきました。
実践の前に、高橋理事よりコグニ サイズと認知予防のあらましをミニ講義いたし、続いて実施プログラム初級の「ストレッチ」「有酸素運動」「コグニサイズ」と進めました。
最初の開催であ り、目標心拍数の運動強度は40%として取り組み、皆さま目標より低め傾向の心拍数でした。
初開催で説明事も多く所要時間は2時間ほどでしたが、無理な く・元気に・笑いあり、で終えることができました。ご参加の皆さまお疲れさまでした。
次回は11月下旬に予定しております。それまで、自宅で毎日少しでも 「コグニサイズ」を、よろしくお願いいたします。